So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ボンズ引退と代理人 2年間所属チームなし

【ニューヨーク共同】米紙サンフランシスコ・クロニクル(電子版)は10日、通算762本塁打の大リーグ最多記録を持つバリー・ボンズ外野手の代理人ジェフ・ボリス氏が「現役は困難」との見方を持っていると伝えた。ボンズは薬物使用に関する偽証などで起訴されている。
 45歳のボンズは引退を表明していないが、最後にプレーしたのは2007年で、ボリス氏は「08、09年と仕事を探せなかった。もう(契約する球団を見つけるのは)ほとんど不可能。偉大な経歴なのに不運な終わり方だ」と語った。07年もナ・リーグ最高の出塁率4割8分を記録していたボンズについて「もし出塁率が4割を切るまで続けるなら56歳までできただろう」と話していた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。