So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

鶴岡、ダルに課題「クイック直せ」…日本ハム

日本ハムの鶴岡慎也捕手(28)がエース・ダルビッシュのクイックモーションに注文をつけた。8日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1300万円アップの4500万円でサイン。その後、「あれだけ走られたら考えるでしょう。僕からも言っておきたいですね」と今季2人がバッテリーを組んだ時、21度盗塁を試みられ4度(阻止率1割9分0厘)しか刺せなかった点を指摘した。

 来季の日本一へ課題を掲げた。今季パ・リーグ6捕手中5番目、2割3分8厘と不本意な数字に終わった盗塁阻止率について、「そこだけは上げないとまずい。ピッチャーと協力しながらやっていきたい」。自らの送球向上とともに、エースにもけん制を含むクイックについて改良を求める考えだ。

 ダルビッシュは盗塁を許しても、そこから“本気”を出し、得点を許さないパターンも多かった。しかし、来季は正捕手の言葉に耳を傾け、盗塁さえも許さないパーフェクトな投球を目指すことになる。

 鶴岡は今季、自己最多の122試合に出場。規定打席にこそ達しなかったが、ゴールデングラブ賞を受賞するなどプロ7年目で最高のシーズンを過ごした。しかし、いつまでも浮かれてはいない。「シリーズで悔しい思いをした。5戦目の亀井と阿部さんのホームランは絶対忘れることのできない衝撃。ああいうことのないように」。経験を糧に、来季こそ最後に笑ってみせる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。